MENU

【子どもの寝相】季節に合った布団は大事!子どもに蹴られて目を覚ます。

こちらのブログでは広告を掲載しています。

我が家の睡眠事情

我が家には3姉妹がいます。

5歳、3歳、1歳の構成です。

現在、寝る時は家族5人同じ部屋で寝ています。

布団は3つ!

均等に寝るとバランスよく寝られるはずです。

しかし、子どもたちは母に集中してくっつきたがります。

一つの布団は余り、もう一つの布団を私が広々と使っております。

寂しくなんてないんだからね!

 

ちなみに母に集中することを予想していたため、母の布団のみ大きいサイズのものにしています。

まだ子どもが2人の時に購入をしたので、セミダブルサイズのモノを購入しました。

3人になった今振り返ると、セミダブルでもキツキツです。

もうワンサイズ大きくても良かったと感じます。

皆がキレイにバラけてくれると解決する問題なのですが。

子どもたちの寝相が悪い季節

そんな我が家の睡眠状況ですが、5月から子どもたちの様子が変わってきました。

寝相が悪くなってきています。

例年、今ぐらいの季節になると寝相が悪くなり、11月ごろに良くなっていきます。

今年も始まったかーといったところです。

母親の近くにいたいため、寝る時には密集しています。

しかし、起こす時に様子を見にいくと全員がキレイに離れて三角形を描いています。

子ども同士がぶつからないため、夜中に起こしあわないことだけが唯一の利点です。

布団は季節に合わせよう

今年も5月ごろから気温が高くなってきました。

日中の気温が上がり、寝室の気温も上がってきています。

そのタイミングでバチっと掛布団を変えられると良いのですが、平日はバタバタしてなかなか変えられません。

少し分厚い掛布団で寝る時期が出てきます。

そうなると、夜寝ている間に布団から出る出る!

寝ている間に子どもたちが掛布団から逃げるように移動していきます。

畳の上は少し涼しいのでしょうか?

次女は毎回畳の上まで移動します。

畳のスペースは私の枕元にあるため、次女は私の頭上で朝を迎えることが多いです。

その過程で何度も何度も頭を蹴られます。

まぁ私が目を覚ましますね。

現在はタオルケットにしておりますが、変わらず寝相が悪いです。

私も多少寝返りをします。

その隙に私がいたスペースにだれかがいるので、寝返り返りができません。

どんどん壁際に追い込まれます。

夜が寒くなって掛布団が欲しくなる10月~11月ごろになると掛布団から出なくなります。

私の睡眠状況が悪い状態がしばらく続きそうです。

 

今後も日記帳の振り返りを行っていきます。

それではまた。