【ワーキングメモリーとは】発達検査にも出てくる項目。4つのシステムを確認する!!

知能を測定する評価方法の一つにWISCがあります。

知能とは

 

推論し、計画を立て、問題を解決し、抽象的に考え、複雑な考えを理解し、すばやく学習する、あるいは経験から学習するための能力を含む一般的な知的能力
 
とされています。
学校生活で、授業を聞いて質問に答えたり、算数の問題を解いたりすることに影響することはもちろんのこと、生活の中で起きた課題を乗り越える時の考える時にも影響します。
WISCで測定を行うと4つの項目の指標が測定されます。
 
WISKの4つの指標
  • VCI(言語理解)
  • PRI(知覚推理)
  • WMI(ワーキングメモリー)
  • PSI(処理速度)
 
本日はその中のWMIを確認していきます。
脳機能関連の本ではよく出てきます。
WMI(ワーキングメモリー)の項目は、名称通りワーキングメモリーを測定するものになります。

ワーキングメモリーとは

ワーキングメモリーは情報の一時的な「保持」と「処理」に関係します。

よくされる例えが料理の場面です。

 

今日の献立はスープです。
お湯を湯沸し器で沸かしている間に材料を切って、お湯が湧いたらお鍋に入れて材料と調味料を入れて出来上がり。

 

これでは美味しいスープは出来ない!

ということは置いておいて。

 

スープの作り方を頭の記憶から引っ張り出て保持したり、お湯を沸かしていることを覚えておいて、材料を切ったり作業をしたりするなど、同時に作業を処理する時に使われるものがワーキングメモリーです。

マルチタスクを行うのに大事な役割を担っています。

 

ワーキングメモリーの保持時間は短いので、必要な情報をより長く保持するためには別の記憶の過程に引き継がれていきます。(色んなシステムがあるんです。)

ワーキングメモリーのシステム

ワーキングメモリーには4つのシステムがあると言われています。

ここの解釈は難しく、本を読んで作った僕のイメージを書きます。

間違えていたら教えてください。エピソードバッファと中央実行系は理解が難しいです。

 

  • 視空間性スケッチパッド
  • 音韻性ループ
  • エピソードバッファ
  • 中央実行系

 

視空間性スケッチパッド

視空間性スケッチパッドは見たことを一時的に保管するシステムです。

情報を視覚的に保持する力になります。

景色を写真のように思い出すことが出来る人が強いイメージです。

音韻性ループ

音韻性ループは聞いたことを一時的に保管するシステムです。

情報を聴覚的に保持する力になります。

聞いたことを覚える能力のイメージです。

エピソードバッファ

エピソードバッファは、課題遂行のために必要な記憶を長期記憶から引き出して保持するシステムです。

長期記憶は、長期間保持している記憶のこととです。その中には、数日後には忘れているものから、しっかりと記憶として貯蔵されて必要に応じて使える記憶があります。

先ほどのスープの作り方を思い出すことがエピソードバッファの役割になります。

中央実行系

中央実行系は視空間性スケッチパッドやエピソードバッファ、音韻性ループを制御するシステムです。覚えることや覚え続けることに注意が向ける時に限られた注意を振り分けるシステムです。覚えようとすることに注意を向ける役割を担っています。

ここまでのワーキングメモリーについての振り返り

WISCのワーキングメモリーの課題は言葉を聴いて行う課題になるので聞いて覚える力というイメージがあります。

しかし、システムを見るとそれだけではありません。見て覚える力や自分の経験を掘り起こす力も求められます。

また、聞いた言葉を頭の中で視覚化して覚える場合もあります。熊と言われたら熊の姿とセットに覚える場合です。

一概にWISCでワーキングメモリーの評価が聞いて覚える力に振り切っているとは言えません。

また、集中できる環境で無いとワーキングメモリーの力が発揮できないことも中央実行系が教えてくれています。

 

一旦ここまでにします。

本日の参考文献は2つです。


 

 


 

ワーキングメモリーの得点が低い子への支援方法も振り返っていきたいと思います。

それではまた。